産み分けってできるの?噂のウソ・ホントを解説します

産み分けってできるの?噂のウソ・ホントを解説します


赤ちゃんは性別を問わず可愛いものですが、つい「できれば女の子が欲しいな~」とか「男の子だったらいいな」なんて欲が出てしまうのも事実。
赤ちゃんを希望する家庭では一度は「産み分け」について考えたことがあるのではないでしょうか?
ここでは、産み分けのウソ・ホントについて検証してみたいと思います。

「産み分け」ってそもそもどんなもの?

「産み分け」というのは、さまざまな手法を用いて赤ちゃんの性別を産み分けることをいいます。クリニックなどで専門医による産み分けを行っているところもありますが、実際のところ産み分けは100%確実なものではありません。産み分けを行うためには、まず赤ちゃんの性別決定の仕組みを知っておく必要があります。
どのようにして性別が決まるのか知ることで、男の子が生まれやすい環境や女の子が多く生まれる環境など、希望に沿った環境づくりが可能になります。

ただし、前にも述べたように産み分けは確実な手法ではなく、あくまでも「何もしないよりは成功率が高い」という程度のものであると認識しておくことが大切です。

赤ちゃんの性別を決定する仕組み

人の染色体は46本で、性別を決定するのはそのうちの2本の「性染色体」です。性染色体はXとYの2種類があり、XXは女性、XYは男性です。卵子と精子がそれぞれ1本ずつの性染色体を持ち受精することで、XXまたはXYの組み合わせとなり子供の性別が決定します。卵子は女性から作られるため、性染色体はXしか持ち得ません。これに対して精子は、Xを持つ精子とYを持つ精子の2種類がいることになります。
つまり、Xを持つ精子が受精すれば子供は女の子に、Yを持つ精子が受精すれば男の子になるというわけです。

産み分け方法いろいろ

ここでは、実際に効くといわれている産み分け方法について検証してみます。

排卵日とのタイミング

排卵日当日に性交すると男の子、排卵日より2日ほど前に性交すると女の子を妊娠できるといわれています。これは、X精子が酸性に強く、Y精子はアルカリ性に強いという性質を踏まえた方法です。
排卵日には膣内の酸性度が最も低いのでY精子が活発に活動でき、受精しやすくなると考えられます。
逆に、排卵日より前、膣内の酸性度が高いときに性交するとY精子が卵子まで到達しにくくなるので、X精子の受精する確立が高くなるのです。理論的には「ホント」ですが、100%確実とはいえません。精子の性質を上手に利用した方法です。

男性が3~5日禁欲してから性交する

男の子を希望する場合は、Y精子を増やして性交することが重要です。男性は数日間禁欲し、Y精子の量を増やしてから性交することで産み分け成功の確率が高くなると考えられます。ただし、そもそも精液中の精子の量やバランスが乱れていると、この方法は有効ではありません。
また、長期間禁欲すると精子の受精能力が低下するので注意が必要です。確立としてはこちらも高いものではなく、どちらかといえば「ホント」ですが気休め程度と思っておいたほうが無難です。

リンカルを使用する

リンカルとは「リン酸カルシウム」のことで、男の子の産み分けに効果があるとされています。
これはリンカル服用後に生まれた赤ちゃんに男の子が多かった、というデータから効果のほどが予想されているのであり、科学的な根拠があるわけではないので「ウソ」と思って良いでしょう。

産み分けゼリーを使用する

膣内の酸性度を変化させるゼリーを挿入する方法です。この方法の産み分け確率は50%といわれています。
産み分けゼリーは、単体で産み分けを実現するというよりも、排卵日とのタイミング法など他の産み分け方法と平行して行うことで、確立をより高める効果が期待できます。

理屈としては「ホント」ですが、他の方法と平行して行うことが望ましいといえます。

参考

たまGOO!